年譜 - 小説家時代

小説家時代

昭和10年(1935)〔30歳〕

昭和10年(1935)〔30歳〕

1935年 小説家時代

5月、『少年倶楽部』(五月号・講談社)に、少年小説「山の勇者」が掲載。小説家として、新たな人生を歩みはじめる。 6月、雑誌『婦人子供報知』(報知新聞社)に、「姿なき母」が掲載される。 7月、『婦人子供報知』に、「母の紅提 […]

昭和11年(1936)〔33歳〕

昭和11年(1936)〔33歳〕

1936年 小説家時代

1月、『少女倶楽部』新年号(講談社)から、写真物語「愛の翼」の連載がスタート(全6回)。 5月、 少女小説「村の友愛曲」が、『少女倶楽部』(五月号)に掲載される。 7月、『春日局』が、同誌七月号の付録本となる。*この小説 […]

昭和12年(1937)〔34歳〕

昭和12年(1937)〔34歳〕

1937年 小説家時代

1月、『少女倶楽部』で「物知り小枝ちゃん」の連載(全12回)がスタート。 2月、『白衣の天使ナイチンゲール』(『少女倶楽部』二月号付録本)発行。 3月、「牧場は微笑む」(同誌三月号)掲載。 4月、同誌四月号に、「盛綱陣屋 […]

昭和13年(1938)〔35歳〕

昭和13年(1938)〔35歳〕

1938年 小説家時代

1月、『少女倶楽部』(新年特大号)に、「テンプルの天使」掲載される。 *この年から、『講談社の絵本』からの原稿依頼がくるようになる。あやめの記録によると、以後数年間で20冊あまりに作品を書いたと言う。 3月、『講談社の絵 […]

昭和14年(1939)〔36歳〕

昭和14年(1939)〔36歳〕

1939年 小説家時代

1月、名婦物語「奥村五百子」(『少女倶楽部』新年特大号)掲載。 3月、「オサルトアンパン」が『講談社の絵本』(三月号)に掲載。 「吹雪に薫る花」が『少女倶楽部』(三月号)掲載。 4月20日、「少年文学作家画家協会」(会長 […]

昭和15年(1940)〔37歳〕

昭和15年(1940)〔37歳〕

1940年 小説家時代

1月、名婦物語「乃木静子」(『少女倶楽部』新春増刊月号)掲載。 3月16日、S氏と協議離婚する。3年半という短い結婚生活だった。8月、少女小説「友情の小道」が『少女倶楽部』(八月号)掲載。 12月22日、はじめての少女小 […]

昭和16年(1941)〔38歳〕

昭和16年(1941)〔38歳〕

1941年 小説家時代

4月、「母」(『少女倶楽部』四月号)が掲載。 6月、『櫻咲く日』(壮年社)が刊行される。 7月、名婦物語「井上でん女」(『少女倶楽部』新春七月号)掲載。 7月、名婦物語「戦場に摘む嫁菜」(『少女倶楽部』新春十月号)掲載。 […]

昭和17年(1942)〔39歳〕

昭和17年(1942)〔39歳〕

1942年 小説家時代

2月、「櫻花の心」が、『少女倶楽部』(二月号)掲載。 6月、「日の丸かざして」が同誌(六月号)掲載。 9月、「御民なれば」が同誌(九月号)掲載。 この頃、同誌に、日暮豊年海軍少将インタビュー記事や、保健婦養成所、食糧学校 […]

昭和19年(1944)〔41歳〕

昭和19年(1944)〔41歳〕

1944年 小説家時代

11月24日、東京大空襲始まる。 3月、5月、6月の大空襲で、あやめの家の周囲も一面延焼。故郷六日町への疎開を決意する。 5月9日、甥高野隆太郎、姪太田千枝が、あやめと母サキを迎えに上京。病床のサキを背負い、疎開する。 […]

PAGE TOP