評伝(連載)

評伝(連載)

「水島あやめの生涯 日本初の女流脚本家・少女小説作家」出版とブログ「評伝・水島あやめという女性」終了について

「水島あやめの生涯 日本初の女流脚本家・少女小説作家」出版とブログ「評伝・水島あやめという女性」終了について

2019年12月25日 水島あやめという女性

2019(平成31、令和1)年という年は、私にとって大きな節目の年になった。 そのひとつが、「日本初の女流脚本家・少女小説作家 水島あやめの生涯」の上梓である。 水島の存在に出会って27年、執筆から出版まで約3年かかって […]

評伝・水島あやめという女性(第71回)

評伝・水島あやめという女性(第71回)

2016年02月21日 水島あやめという女性

五、エロ・グロ・ナンセンスと会社の方針と 水島の場合、これらトーキー化に対応することのほかに、世相の変化の荒波をも受ける。 さきに紹介した升本喜年氏は「会社から、もっと色っぽいものを書いて欲しいと求められた」と、ある人物 […]

評伝・水島あやめという女性(第70回)

評伝・水島あやめという女性(第70回)

2016年02月14日 水島あやめという女性

四、トーキーが求めた変化 トーキー時代の到来は、俳優にもきびしい現実を突きつけた。 サイレント時代では、なまりがあろうとダミ声やキンキン声であろうと声質は問題にならなかった。 しかし、トーキーともなると、そうはいかない。 […]

評伝・水島あやめという女性(第69回)

評伝・水島あやめという女性(第69回)

2016年02月12日 水島あやめという女性

三、トーキー化と脚本家の悩み こうして、松竹キネマのトーキー化の取り組みがスタートしたわけだが、映画が有声に変わっていくことで、映画製作はすべての分野で変革を余儀なくされる。 当然のことながら、撮影所では、日々真剣に対策 […]

PAGE TOP