年譜 - 脚本家時代

脚本家時代

大正13年(1924)〔21歳〕

大正13年(1924)〔21歳〕

1924年 脚本家時代

大学4年の春、小笠原映画研究所(のちの小笠原プロダクション)で、映画シナリオを学びはじめる。夏頃、小笠原長生原作の『水兵の母』を、千年の脚本で映画化することに決まる。 11月22日、千年が脚本した『落葉の唄』(原作国本輝 […]

大正14年(1925)〔22歳〕

大正14年(1925)〔22歳〕

1925年 脚本家時代

1月12日、映画『水兵の母』(監督小笠原明峰)の完成試写会と披露宴が、上野精養軒で開催される。 東郷平八郎、農相高橋是清、逓相犬養毅、海軍大将米内光正、床次竹二郎ら政界、軍の要人が来賓として招かれた。 1月19日、皇太子 […]

大正15/昭和元年(1926)〔23歳〕

大正15/昭和元年(1926)〔23歳〕

1926年 脚本家時代

1月24日、この日発行の『蒲田週報』に、あやめの蒲田撮影所脚本部への正式入社が発表される。 また、同誌に『お坊ちゃん』製作に関する第一報が載る。以後、城戸所長の総指揮のもと、蒲田所属の若手俳優のオール・スター・キャスティ […]

昭和2年(1927)〔24歳〕

昭和2年(1927)〔24歳〕

1927年 脚本家時代

1月5日、初めての恋愛喜劇『恋愛混戦』(監督島津保次郎)が、浅草電気館で公開される。 5月、雑誌『映画時代』創刊記念脚本募集に、のペンネームで応募した脚本『久遠の華』が当選する。賞金二千円。日活での映画化が約束された。 […]

昭和3年(1928)〔25歳〕

昭和3年(1928)〔25歳〕

1928年 脚本家時代

1月1日、この日発行の日本女子大学機関紙『家庭週報』に、一面を割いて、あやめの実績と近況を掲載。「私達桜楓会員の非常な喜び」と紹介される。 2月18日、新派悲劇『故郷の空』(監督大久保忠素)が、浅草電気館で公開。 5月2 […]

昭和4年(1929)〔26歳〕

昭和4年(1929)〔26歳〕

1929年 脚本家時代

5月25日、『明け行く空』(監督斎藤寅次郎)が、浅草帝国館にて公開。雑誌『少女の友』に連載された新井睦子の少女小説の映画化。フィルムはほぼ完全な形で現存し、挿入歌の楽譜も見つかっている。斎藤寅次郎、二十三歳のときの監督作 […]

昭和5年(1930)〔27歳〕

昭和5年(1930)〔27歳〕

1930年 脚本家時代

2月1日、喜劇『現代奥様気質』(監督重宗務)が、浅草帝国館にて公開。 2月14日、教育映画『純情』(監督成瀬巳喜男)が、浅草帝国館にて公開。 10月28日、父団之助(隆雅)、東京下谷車坂の寓居で死去。享年68歳。 7月2 […]

昭和6年(1931)〔28歳〕

昭和6年(1931)〔28歳〕

1931年 脚本家時代

2月22日、母もの『美しき愛』(監督西尾佳雄)が、浅草松竹館にて公開。 6月19日、吉屋信子の小説の映画化第二弾『暴風雨の薔薇』(監督野村芳亭)が、浅草帝国館にて公開される。 この年公開された『マダムと女房』(監督五所平 […]

昭和7年(1932)〔29歳〕

昭和7年(1932)〔29歳〕

1932年 脚本家時代

3月10日、『青空に泣く』(監督成瀬巳喜男)が、浅草松竹館にて公開。 8月12日、『輝け日本の女性』(監督野村浩将)が、浅草帝国館他で公開。野田高梧との共同脚本。ロサンゼルス・オリンピックを舞台にした作品で、主演は田中絹 […]

PAGE TOP